クレジットカードでキャッシングをするおすすめの方法をご紹介

今や生活の中で必需品ともなっているクレジットカードは、日頃のお買い物以外にも、様々な便利な使い方があります。ネットでショッピングをすることが多い方は、クレジットカードで支払いをすることもあるでしょう。その際に、ポイントが加算されて、ポイントが貯まったら、お買い物やその他の用途に利用する方もいらっしゃるでしょう。実際のところクレジットカードの数も種類も増え続けており、それぞれのカードごとに特徴もあり、利用する方によっても魅力的なものがたくさん出てきています。

 

意外と知らないこんな使い方がおトク

また、毎月のスマートフォンの使用料金や、Wi-Fiなどのインターネットのような通信費、水道、ガス、電気など料金の支払いをクレジットカードでされている方も多いのではないでしょうか。これらの料金は毎月掛かってくるものである為、この料金の支払いの際に、クレジットカードのポイントが貯まるようにしていれば、しっかりとポイントになるので便利で、おトクな使い方のひとつと言えるでしょう。

 

クレジットカードでの料金の支払いの良いところとして、毎月何に、どれくらい出費をしたのかということを明細で確認が出来るところです。また、クレジットカードによれば、利用があったごとに、当該クレジットカードサービスのPCサイトや、スマートフォンサイトで確認が出来るものもあります。これだと、利用をするごとに、金額と利用の対象を確認ができるので、安心かつ、明確になります。

豪華な会員特典があるカードも!?

この他にも、クレジットカードを作成し、会員登録をすることによって、各々のクレジットカード会社の会員特典があり、それらを利用できるということもあります。クレジットカード会社が提携していたり、指定されている全国の飲食店を利用する際に、割引になったりもします。温泉宿のような宿泊施設を利用する際に、おトクに利用できたりすることもあります。

 

その他のクレジットカードの機能としてキャッシングサービスが利用できるものがあります。これらはお金の借り入れをしたいという時に、利用しているクレジットカードで、そのクレジットカード会社からキャッシングができるものです。金利、支払い回数等は会社によってそれぞれ定められておりますが、普段使っているカードでキャッシングをしたいという方にはおすすめのサービスかもしれません。

 

本サイトでは、クレジットカードでのキャッシングのススメと題しまして、キャッシングを利用するのにおすすめのクレジットカードを紹介したり、それぞれのサービス内容の詳細や、実際に使った方の感想や、豆知識など様々な内容を網羅して解説しているものになります。

 

1人だけの感想や意見だけでなく、実際に利用をした様々な方の内容が盛り込まれているので、いっけんつじつまが合っていないように感じる部分もあるかもしれませんが、それぞれの情報を精査しながら、それぞれの方にとって必要な情報や知識を吸収して頂けたらありがたいと思っています。

 

また、その他のページでは、NISAやFXに関する情報もまとめられています。お金にまつわる情報が様々な観点から集約されているものだとも言えます。NISAとは一体なにという方にもわかるような情報であったり、実際にする際にはどのような順序で進めるのがよいのかといったような内容に関しても、体験者の観点から解説やおすすめのポイントをピックアップしています。基本的には体験者の話をベースに構成されているので、ただただ内容を解説しているというよりは、実体験の話であったり、エピソードなどが盛り込まれている内容になっています。情報自体は間違っていないものだとしても、実感が湧きにくかったり、経験をしたことのない方にはわかりにく内容だと、読み進めにくい部分もあると思います。

 

急にお金が必要になったとき便利でお得なキャッシング

 

どうしよう?どうしたらいいだろう?お給料日前なのに、突然の出費が必要になったときや、クレジットカードで購入したものが重なり、引き落とし日に口座内のお金が足りない!などという急にお金が必要なとき、ありませんか?家族に借りることができるなら安心だし、利息もいらないし良いのですが、家族に頼むことが不可能なとき、ありませんか?友人にも頼めない。頼る人がいない。

 

そんなとき、ふとかすめる言葉は「キャッシング」。でも初めてのことで、いざ借りるとなると、かなりの不安がついてきますよね?ただでさえ、お金が無くて困っているのに、お金を借りないといけない事態。その場合、キャッシングに頼っていいのか?利息などどんな仕組みになっているのか?ちゃんと返せるだろうか?ローン地獄に陥らないだろうか?などといろいろ考えてしまうものです。でもほかに方法はない。頼るしかないのか...。どうすればよいか、かなり悩みますよね。

 

この不安な思いと悩み、実際、私自身も経験しました。

 

キャッシングを実際に利用したエピソード

病気になり手術したあと、毎月通院してあらゆる検査、治療のための飲み薬。診察と薬だけで1回の通院につき最低でも5000円はかかっていました。それに加えて血液検査やCT検査、MRI検査があると20000円ほどかかります。保険適用3割負担でこの額です。医療保険に加入していなかったので、手術費用、入院費用も自費でした。高額医療費還元の制度を適用申請したので後で少しはお金が返ってきましたが、その後の通院でずっとお金がかかってしまうことがかなりの負担になっていました。

 

しかも病気発覚前には車を購入しており、購入費用の半分はローンにしていました。その他、教育ローンもあり、収入の3分の2はそれら出費で消えていました。赤字寸前で細々と生活していましたが、病気が悪化して休職せざるを得なくなりました。もちろん休職中の収入はゼロ。毎月のローン返済でわずかな貯金が減っていきました。

 

そしてついに貯金が底をついてしまうという危機に陥りました。どうすればよいか悩みました。復職まであと2ヶ月かかる。それまでの間、なんとか回避しなければ。そこでふと目にしたたのが、利用していた楽天のサイトに出ていた楽天カードローンの広告でした。楽天カードを所有していたのですが、楽天カードローン利用で、なんとポイントが付与されるとのこと!これなら一石二鳥!

 

設定されている限度額以内で借りることができました。利息はかかるのですが、返済額を多く設定すると、そのぶんトータルの利息は減りますので、 初期設定の10000円から20000円に変更したうえで借りる手続きをしました。しかもこの手続きはスマホからでもできるので簡単便利。そして数分後には指定口座(楽天カード登録口座)に振り込みされていました!

 

またローンは増えてしまいましが、最悪の事態を回避できたのでほホッとしました。復職を間近に控え、今は早く働いて収入を!という思いです。加えて思うのは、これからは堅実に節約して、いざとう出費にも困ることのないようにしっかり貯金していこうということです。でも、いざというときのお得な楽天カードローン、付与される楽天ポイントはすぐに使えるものですし、とても助かりました。キャッシングをお考えの方は検討されるべしですよ!

 

 

 

お金を借りるなら無利息サービスのあるレイクがオススメになります

 

お金を借りる方法は色々とありますが、即日融資で審査も非常に簡単なレイクをオススメいたします。レイクは消費者金融の大手で、テレビでコマーシャルなどもやっていますので、大抵の方がご存知だと思いますが、実は初めての借り入れをされる方限定で無利息サービスを提供しています。

 

無利息サービスは2種類から選択が可能です。1つは30日間無利息、もう1つは5万円まで180日間無利息になるサービスです。どちらを選択するかは個人の判断で決めていただいて構いません。ただ、大きな金額を借りるなら30日間無利息のサービスを、5万円から10万円程度の小さな金額であれば180日間無利息のサービスがお得になります。詳細についてはレイクのサイトに掲載されていますので、時間のあるときにじっくりと閲覧してみてください。

以前であれば消費者金融の金利が高く、銀行系カードローンを利用する方がお得でしたが、現在は金利も18%の範囲に収まっており、どちらを選択してもさほど変わりはありません。銀行系カードローンは審査が多少厳しいと言われているので、すぐに現金が必要な方は消費者金融の方が便利です。更に無利息サービスのおかげで一定期間は利息が0になるので、レイクを利用するとかなりお得だと思います。ただ、消費者金融を利用する際には年収の3分の1までしか借り入れが出来ない規定がありますので、その点だけは気をつけてください。

 

申し込みも現在ではインターネットから簡単に行えるようになっており、レイクのサイトで必要事項を入力し、本人確認書類をメールで送信すれば完了です。審査には30分くらいしかかかりませんので、大体1時間程度で借り入れの手続きは完了すると思います。返済は後日送られてくるカードを利用して、レイクのATMか提携しているコンビニのATMから簡単に行う事ができます。非常に便利なレイクですが、借りすぎには注意をして計画的に利用していただきたいと思います。

 

 

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」がオススメ

 

給料日までお金が必要など、急な出費があり、友人や家族に内緒でお金を借りたいときには、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」がオススメです。大手の消費者金融ではなく、銀行系のカードローンですので、金利が安く、利息をおさえてお金を借りることができます。また、メガバンクの1つですので、安心して借りられるというのもメリットの1つです。

数ある銀行系のカードローンの中で、なぜバンクイックがオススメなのかというと、申し込みをしてから、審査、実際にお金を受け取るまでの流れがとにかく早いからです。多くの銀行では早くても半日、おそければ1週間かかるところもありますが、バンクイックならば、最短40分でお金を受け取ることができます。

 

消費者金融で借りる場合、ネット申し込み(5分)→電話審査(申し込み後30分〜2時間)→審査結果(電話審査から30分〜)→ローンカード受け取り(移動)と申し込みをしてから次ぎの段階へいくまでに待ち時間が多かったり、無人契約機まで移動したりと無駄が多くあります。

 

一方、バンクイックでは、三菱東京UFJ銀行内に設置してある無人TV電話で申し込みをおこなえば、移動することなく、審査まですべておこなってくれますので、大変早くお金を手にすることができます。

 

借り入れの際に必要なものは、運転免許証やパスポートなどの身分証明書があれば大丈夫です。一度に50万円以上借入する場合を除けば給料明細の提出は必要ないのですが、個人情報目的などで在籍確認をおこなえなかった場合は、審査に落ちてしまう可能性が高くなりますので、給料明細があればもっていった方が、審査に通りやすくなります。

 

また、UFJ銀行内のTV電話は、完全にプライバシーで保護されていますので、まわりからみられることもありません。内側から鍵をかけることもできますので、急に別の人が入るなんてこともありませんので安心して利用できます。どうしても気になる方は、銀行窓口終了時間の15時以降に利用しましょう。

 

意外と知らない?メインバンクからの「自動借り入れ」

 

そんなときに慌ててキャッシングやカードローン、はたまた無人契約機に走ってお金を借りて、ホッと一息。でも後で返済金額を見て、思っても見なかった金額を返すことになって、また一騒動。そんな経験をしたこと、ありませんか?

 

「お金を借りる」という余りない事態。慌ててしまう気持ちは良く分かります。それでもキャッシングやカードローン、はたまた無人契約機に走る前に、一つ知っておいてほしい事実があります。

 

実は、とあることをしていると、普段使いの銀行から、恐ろしく低い金利で、結構な額のお金を借りることが出来るのです。

 

「とあること」とは実に簡単。ある程度の金額の定期預金をその銀行で開設しているか、公共債(国債、地方債、公社・公団・公庫債など、公共団体の発行している債券)をその銀行で購入・保有していること。これだけで、その銀行から「自動借り入れ」を利用することが出来るのです。

さてこの「自動借り入れ」、普通預金(普段使いの銀行口座)の残高が不足した場合、不足額を開設している定期預金や、保有している公共債を担保にして、銀行が貸してくれる制度のこと。借り方は実に簡単。いつも通りにATMから必要な分だけお金を下ろすだけ。不足分(つまり、借りた分)ついては、多くの銀行で通帳にマイナスとして記載されるので、返済し忘れる心配はほぼありません。

 

逆に、返すときも実に簡単。返済期日までに借りた分を、普通口座に入れておくだけで、返済したものとみなされます。つまり、給料や株式配当などの、一定金額のまとまった入金が定期的にある場合、借りること、返すことを意識することなく利用できる借り入れ制度なのです。

 

こんな便利な「自動借り入れ」、気になるのは金利。こちらも普通に借り入れるよりも遥かに定額。担保となっている定期預金、もしくは公共債の利率に上乗せで0.5%程度のところが殆ど。ただし、銀行ごとに制度、利率が異なってくるので、利用の前に各自でその2点をきちんと確認してください。

 

急な出費はキャッシングですが、銀行系でも十分当日利用可能です

 

急にお金が必要になった時に真っ先に思いつくのがキャッシングです。キャッシングなら当日申し込みそして当日利用が当たり前になっていますが、どうせ利用するなら金利が低いところから借りたいと思うのは当然のことです。

 

そこでキャッシング会社は大きく分けて3分類されることを理解することをお勧めします。まずは

銀行系キャッシング
これは銀行系であり、銀行ではないのです。銀行がバックにいると考えれば分かり易いかもしれませんが、この銀行系キャッシングこそ一番金利が低い傾向にあります。その反面審査が厳しいと言われるデメリットもありますが、金利が低くなるのであれば仕方のないことです。

 

信販系キャッシング
信販系というと、分かり易くいえば、クレジットカード会社が運営しているキャッシングということになります。クレジットカード会社を運営しているだけあって信頼度は抜群です。金利は銀行系に比べれば多少高くはなりますが、会社によっては銀行系とさほど変わらないところもありますので、狙い目です。審査についても銀行系に比べれば多少甘めとなる特徴があります。

 

消費者金融系キャッシング
ここが一番高金利となります。しかしその反面、審査基準は一番甘いところですので、利用しやすさは抜群です。審査基準が甘いということは、早いということでもあります。

 

しかし、キャッシングは本来急な出費などに対応することを目的としている金融商品ですので、銀行系といえども、審査に数日かかるようでは問題です。そこで昨年銀行系キャッシングを利用したのですが、審査時間はおおよそ2時間でした。これなら急な出費でも全然問題ないはずです。できるだけ金利も低く利用したい、しかし、すぐに利用したいといろいろ要望もあるはずですが、銀行系キャッシングでも十分当日利用可能なので、まずは銀行系からチャレンジすることをお勧めします。

 

クレジットカードでキャッシングする方法(初心者の方は)

 

急にお金が必要になったときは、どうすればよいでしょうか。知り合いの不幸があった時や、急に決まった飲み会のような「突然の出費」が起きる場合があります。普段から貯蓄をしていれば安心なんですが…不景気で貯蓄がない、という人も多いかと思います。何も手元にないと突然の出来事に対応できませんから、不安でしょう。貯蓄がない状態のときは、クレジットカードを作ることをおすすめします。消費者金融の即日融資とは違って、クレジットカードの申し込みから審査まで時間がかかりますが、クレジットカードによっていろいろな特典があるのでとても楽しいです。

クレジットカードを作るとき、申込書にショッピング枠とキャッシング枠がのっています。ショッピング枠は、その人の収入から自動的に決まるものですが、キャッシング枠は、0円から10万円、30万円、と希望を出すことができます。しかし、30万円で希望を出しても審査が通らなければ、0円になることもあります。カード会社によって違いがあるので、いろいろなカードに申し込むとよいでしょう。

 

注意点があります。何も調べることなく手当たり次第にカードを申し込むことはやめましょう。年会費がかかる場合があり、たくさんのカードを使ってもいないのに持っているだけで毎年年会費が引き落とされてしまう、ということになりかねません。また、初年度年会費無料も2年目からは年会費を取られることになりますので気をつけなければなりません。クレジットカード比較サイトを見て、永久年会費無料のカードや特典などで選ぶとよいでしょう。

 


クレジットカードができて実際にキャッシングするときは、銀行やコンビニのATMで「クレジットカード」のボタンを押してから操作すればすぐにお金を引き出すことができます。返済はクレジットカードでショッピングしたときの引き落としと変わりません。

 

本当は、自分専用の銀行口座に貯蓄をして必要になったときに引き出すことができる、という状態が望ましいのですが、それができない場合には、クレジットカードでキャッシングする方法も有りだと思います。怖いのは、くせになってお金があると錯覚してしまうことです。自分を見失わないように気をつければ何も問題はないと思います。上手くキャッシングを利用しましょう。

 

多重債務者にならないようにするための借り方のアドバイス

 

日々の生活の中で収入が突然減ってしまったり予定外の出費が発生した時に日頃している貯金で乗り越えられればいいのですが、そうでなければやむを得ず借金をすることもあるでしょう。その際に最も注意しなければならないのが、「多重債務者にならないようにする」ということです。

 

多重債務者になってしまう原因の大半は、他社の借金の返済が困難になりさらに借金を繰り返すという悪循環に陥ってしまっているケースです。このような状態になってしまうと、やがて借金は何倍にも膨れ上がり毎月の返済が生活の負担になってしまいます。最悪の場合には、自己破産や個人再生などといった法的な手続きによって債務を整理してもらうしか手段がなくなります。

 

そのような法的手続きをするには、どの方法で整理するにしても借りた金融会社に多大な迷惑がかかってしまいますし、自身にも相応のデメリットがありその後の人生の足枷となってしまうことも考えられるので、極力避けなければなりません。

 

多重債務者にならないようにするためには、借金をする前の根本的な解決策として自身の生活状況を見直したり親族に相談して乗り越えられないか確認するとよいでしょう。なかなか相談しにくいことではありますが、借金をしてしまうことで人生が台無しになってしまうことを考えればそれ以上の良策はありません。次に、やむを得ず借金をする場合であっても無理なく確実な返済ができるかどうか自分の返済能力を考えて、安易に複数の金融会社から借りないようにすることが大切です。既に複数の金融会社から借りてしまっている場合には、借金の一本化をするなどしてその状況から抜け出す努力をしなければなりません。

 

また、現在では弁護士や司法書士に相談することでいわゆるグレーゾーン金利によって過剰に支払っている利息がある場合は還付してもらえることがありますので、万が一多重債務に陥ってしまった場合にはそのような公的機関を利用するといいでしょう。

 

審査通過は難しくない!?

 

消費者金融会社のキャッシングを申込む場合には、審査が必要です。大手であれば、オンライン上で数秒で自動審査ができると謳われていますが、自動審査をしても、それは正式に審査が通ったことにはなりません。正式な審査は、住所・氏名・勤務先などの個人情報と、他社を含めた借入情報などをもとに、信用情報機関や消費者金融会社独自の審査を通して融資が可能か否かが判断されます。

 

消費者金融機関には総量規制というものがあり、トータルの借入金額が年収の3分の1以下でないといけないと、法律で定められています。そこで、すでに他社でキャッシングを利用したことのある方であれば、他社を含めた借入金額が総量規制額を超過していたり、他社での借入件数が多い場合にも審査を通るのは難しいでしょう

 

また、信用情報機関の個人の借入や延滞履歴は過去5年分保管されていますが、過去に他社で借入に関してトラブルを起こしていたり、個人情報を偽っている場合も要注意人物としてみなされます。加えて、自己破産や債務整理から5年から7年以上経過していない場合も審査を通過するのは難しいといわれています。また、クレジットカードや住宅ローンなどのの延滞履歴、短期間に複数の消費者金融会社にキャッシングの申込みをしている、電話が料金未納で本人確認ができない、職場への在籍確認ができない、などの細かな理由が複雑に組み合わさって審査が通らないこともあります。

 

以上のことを踏まえて、審査を通過させるためのポイントは、まず自動審査で借入が可能かどうかを確認し、複数の消費者金融機関に同時期に本審査の申込みをしないこと。そして、返済能力が可能な範囲内の借入金額を希望すること。もちろんその場合は他社を含めた借入のトータル金額が年収の3分の1以上にならないように注意すること。また、確実に連絡が取れる電話番号を携帯や固定電話など複数提示することもポイントが高くなります。それらを考慮すれば、自分が望む借入金額にならなくとも、審査には通りやすいとみられます。

 

在籍確認は審査において重要

 

急な出費や病気、引越しに迫られて、など、おおきな出費に突然迫られた時、キャッシングはとても便利だし助かりますよね。あなたがもし正社員で、会社に審査の電話が掛かっても全然大丈夫な場合は安心なのですが、なかには契約社員や、今現在、身分がアルバイトの人も多いかと存じます。

 

そうすると、キャッシングの審査の際の在籍確認で、場合によってはその時点で審査が通らなくなってしまう例も見受けられますので、初めてキャッシングを申し込む際にはここを気をつけよう!と言うポイントをあげてみます。職場への在籍確認の電話は必ずといっていいほど掛かって来るのですから、その旨、最初から事務所の人に申し出ておけば良いのです。
あなたが外回りや渉外職で内勤ではない場合、あなたが不在の時に職場に在籍確認の電話が掛かって来ることになるわけですから、あらかじめ職場の方々に、「今度クレジットカードを申し込んだので、確認の電話が掛かって来るかもしれません」的なニュアンスで、先に申し出ておけば良いわけです。そうすれば、あなたが不在の時に電話に出た方が、「たしかに〇〇は当社の従業員です」「○○は今、営業で外出しております」と返答してくれるはずなので、そうすれば在籍の確認が取れるわけですから、キャッシングの審査には有利に働くと思います。

 

私の知人で、ここを面倒くさがって職場の人に頼む、と言うか周知しておらず、しかも本人はアルバイトの身分だったのですが、審査の申請書に「契約社員」とつい記載してしまい、結果、在籍確認の電話がキャッシング会社から掛かって来た際、本人不在のなか、他の従業員の方に上手く返答して貰えず、審査が通らなかった、という例もあります。キャッシングの審査の際は、定期的に収入があり、雇用されている事が分かればオッケーな事が多いので、あくまで非正規のかたはその旨、正確に記載しましょう。パート、アルバイト、契約社員、みなあわせて「従業員」です。その会社で働いていれば「従業員」なのですから、心配せずに申告する際は正確に記載するようにしましょう。

 

審査の為に抑えておきたいポイント

 

初めてキャッシングする際には、良くやってしまうNGな行動があります。こうした行動をしてしまうと、本来審査に通るはずの人も通らなくなってしまいます。

 

まず、申し込む際に一度に複数社申し込まない事です。借りられるか不安になり、初心者が良くやりがちな行動なのですが、消費者金融の業者は、どこに申し込みしたと言った情報を共有しています。一度に複数社申し込んでしまうと、この人はよっぽどお金に困っているんだなという判断になってしまいます。この状況を申し込みブラックというのですが、申し込んだ件数が多ければ多いほど通る確率が下がります。私も以前3社に申し込んで、落ちた経験があります。申し込む際には、ここだという1社に絞って、結果を待つ事が重要です。

 

次に申し込む際に、嘘の情報を書かない事です。初心者は、少しでも良く見せようと、仕事の在籍期間、年収などを大目に書いたりする傾向があります。こうした行動は、NGです。バレないと思ってするんだと思いますが、意外と簡単にバレるようです。こうした嘘が発覚した際には、限りなく審査落ちに近くなります。正直に記載するようにすることが大事です。

 

また、記入すべき記載事項は、きちんと全て書く事が重要です。例えば、家族にバレたくないから、自宅の電話番号を記載しないなどの行動もあまり良くありません。自宅に固定電話が引いてあるかどうかも判断の基準の1つです。こうした様々な判断基準を総合して判断して審査の結果は決まるので、自分で判断せず、記入出来るところは全て埋める必要があります。

 

以上の3点に注意して、申し込みをすれば、安定した収入さえあれば審査は通過すると思います。もし、安定した収入もあり、これでも通過しない場合は、申し込み者の信用情報に問題がある可能性も考えられます。最近良くあるのが、携帯料金の滞納です。携帯を購入する際に何気なく分割で購入していると思いますが、あれもローン契約の一種です。携帯代金を滞納すると、漏れなく端末代のローンも滞納していることになります。こうした事により、信用情報が傷ついていることも考えられます。たかが携帯と侮らず、きちんと遅れずに払う事も重要です。

 

審査は、こうした普段の行動が大きく影響してきます。もし、このような事例があれば審査落ちの原因になります。普段の生活にも十分に注意するようにする事も重要です。

 

総量規制内での申し込み

 

初めて消費者金融のキャッシングに申込む時には、いくつか注意したいことがあります。大手消費者金融は、限度額が500万円と大きいのが魅力ですが、誰でも500万円まで借りれるわけではありません。

 

もちろん、審査によって限度額は決まります。あと、消費者金融のキャッシングは、総量規制で年収の3分の1以上のお金は借りれないと法律で決められています。例えば、年収300万円なら100万円まで、年収600万円なら200万円です。

 

また、アルバイトやパートはもう少し年収が低くなると思いますが、年収100万円のフリーターなら33万円までとなるので、年収100万円のフリーターが50万円の借入れを申込んでも審査が通らないわけです。

 

ですから、消費者金融のキャッシングに申込む場合は、総量規制以内かちゃんと確認することが必要です。最近は、アルバイトやパートにも審査をしている消費者金融が増えていますが、必ず、審査が通るわけではありません。

 

意外とアルバイトやパートで審査に通らなかった方は、勤務期間が短い場合が多いようで、その場合は、他の消費者金融に申込むより、ある程度勤務期間が長くなったら再度、申込んでみるのがいいと思います。審査が通らなかったからといって、複数の消費者金融に申込むとマイナスイメージになってしまい、余計に審査が通らなくなってしまいます。

 

あと、初めて利用する場合は、いきなり高額なキャッシングを申込むと審査が通らないこともあるようなので、小額がおすすめです。年収100万円のフリーターなら、5万円ぐらいなら審査も通りやすいと思います。

 

また、過去に支払いが遅れた方は審査が通りにくい共通点があるので、返済日は必ず守るようにします。キャッシングして返済がきつく感じる場合は、返済額や返済日の変更の相談もできるので、相談してみるといいと思います。遅れずに毎月、返済していると信用もされて増額を希望する時にも審査が通りやすくなります。

 

利息の計算方法

 

キャッシング商品の金利は、それぞれの金融会社やキャッシング商品、また借りる金額によって変わってきます。
キャッシングのサービスを受けることを考えるときは、まず、返済期間を設定して、金利を含めた返済総額をはじき出し、月々の返済額がどれくらいになるのか計算をします。

 

また利息が付かないキャッシングがあります。このてのキャッシングは大体が1週間や1か月といった短期間だけ無利息なものが多いですが、商品無利息期間内に返済が出来るようであれば、ある程度金利の設定が高いキャッシング商品でも、利用をする価値があるものもあります。

 

また、カードローンなどではポイントシステムを採用しているものもあり、ポイントを利子の支払いに充てることが出来て、利子が随分と減るということもあります。
大部分の人が勘違いしているかもしれないが消費者金融とヤミ金ではありません。

 

消費者金融とヤミ金の違いはというと、法律を守っているかどうかが一番の違いです。 消費者金融業者は、「利息制限法」「出資法」「みなし弁済規定」などの厳しい法律によって縛られています。利息制限法とは「総額10万円〜100万円未満のキャッシングについては、18%以上の利息は絶対に取ってはいけない」と定められている法律です。

 

利息制限法による制限利率
・元本10万円未満は、年利20%
・元本10万円以上・100万円未満は、年利18%
・元本100万円以上は、年利15%

 

となっています。
みなし弁済規定とは、利息制限法超過利息であっても、出資法という別に利息を定めた法律に違反しない限り、有効な利息の弁済とみなされるのです。
出資法は年29.2%まで利息OKとなっています。ヤミ金と消費者金融の見分け方は合法的に営業している貸金業者は、都道府県や財務局に届出を出し、登録番号が配布されています。

 

登録番号は「都(0)000***号」または「●●財務局長(0)00***号」といったもので、「都」「財務局長」の部分は都道府県や財務局の管轄によって異なります。
登録業者はこちらで調べられます
登録貸金業者情報検索http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php
財務局長登録貸金業者http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasi.html
日本消費者金融協会http://www.jcfa.net/j/member.html
まとめとしてお金を借りるときは登録業者を調べてからなるべく低金利な金融業者かまたはポイントが使える低金利な金融業者を選ぶことです。

 

金利が無料の期間がある!?

 

最近はどの信販会社もキャッシング金利の低さを競っていますが、広告で出ている金利は最優遇の金利で、融資枠が一番高い人に適用されるものです。そのため、大多数の人にとっては無意味なものです。それより最近はやりの無利息期間があるキャッシングを申し込んだ方が、金利自体を抑えることが可能です。

 

金利をゼロにする期間があることで有名なキャッシング商品がありますが、毎月1週間だけ金利がゼロになるという特典が付いています。キャッシングを利用するシーンを考えてみると、給料日前にお金が足りなくなって利用するというパターンが少なからずあると思います

 

この場合、給料日1週間前までなんとか持ち堪え、1週間前になってからキャッシングして給料日に返済するというパターンを繰り返せば、事実上無利息キャッシングが実現します。この無利息期間の優遇措置は、毎月1回だけの利用に限られます。しかし、次の月になったらまたこの優遇措置を使う事が可能ですから、毎月給料日前のピンチに心強い味方になります。

 

この信販会社の場合、コンビニのATMが利用可能なのですが、ATM手数料がかかることが欠点です。また、他の信販会社に比べて若干金利が高めと思われます。しかし、1週間分の金利計算がゼロになるという利点があるので、そのようなささやかな欠点はどうでもよくなってしまいます。必要がないので使った事はありませんが、万が一に備えてこのローンカードを持っています。

 

 

このような信販会社もあるのですが、もし他の信販会社で契約済ということであれば支払利息を少しでも抑える方法として、こまめな随時弁済が挙げられます。
簡単に言うと、お金の余裕が千円でもできたらコンビニのATMでこまめに随時弁済をするという事です。

 

また、サラリーマンの方であれば、給料日に必要最低限の現金だけ残して随時弁済してしまうのも一つの方法です。こうすることで、支払利息の金額を少しでも抑えることが可能です。公共料金の引落日やクレジットカードの決済日には、その日の朝にキャッシングして銀行口座に入金すればいいのです。最近のコンビニATMは、銀行の入金も受け入れる事が多いので、少し早目に家を出て通勤途中のコンビニでキャッシングと銀行口座への入金をするわけです。

 

初めての消費者金融の体験談

 

私が始めて消費者金融を利用したのは30歳の時でした。車を購入したのですが、予算をオーバーしてしまい、月々の支払いで生活が苦しくなり、生活費の足しにするために借り入れをする事になったのです。私の中の消費者金融のイメージはあまりいいものではなく、支払いが滞ってしまったら自宅や職場に矢の催促の電話が来るなどの心配はありましたが、思い切って利用する事にしました。

 

私が借り入れしたのはアコムという会社で、無人くんという自動契約機で申し込みをしました。自動ドアの中に入るとロック付きの個室があり、誰も居ない部屋で借り入れ手続きを行ないます。初めての利用だったので、無人で借り入れ手続きが出来るというのは本当に助かりました。

 

まず始めに、設置してある申込用紙に借り入れ希望金額や、住所、氏名などを書き込み、その書類を機械の中へ入れます。次に免許証や、保険証などのスキャンを行い、A4ほどの大きさの申込用紙に他社の借入額や、借り入れのある会社名住所、勤務先、電話番号、年収など詳しい情報を書き込みます。その書類を機会の中へ入れ、いよいよ審査に入ります。

 

生活に困っていた私は、祈る思いでその審査結果を待っていました。すると20分ほど過ぎたあたりで10万円の融資が可能という結果が出ました。私の希望した金額は20万円だったのですが、とりあえず融資していただけるという事でほっと胸をなでおろしました。4桁の暗証番号を決め、機械から私の初めてのキャッシングカードが出てきました。この瞬間涙が出るほど感動した事を今でも覚えています。

 

入店からカードが出来るまでの時間はトータルで40分ほどだったと思います。早速、融資限度額いっぱいの10万円を借り入れ機で引き出し、その足で回転すし屋さんに向かいました。金欠状態で白米に納豆だけのような食生活を送っていたので、今まで食べたお寿司の中で一番おいしいお寿司をいただく事ができました。

 

融資していただいた10万円を大切に使い、なんとかボーナスまで持ちこたえることができ、生活を立て直すことが出来ました。機械からお金が出てきた瞬間は、まるで自分のお金が出てきたような錯覚に落ち入りましたが、冷静になりこれは借りたお金で大事に使わなければいけないと思い直したおかげで、さらに借り入れすることもなく、全額返済する事が出来ました。消費者金融は、計画的に利用すれば本当に心強い味方になってれると思います。